中学受験における赤本の使い方

中学受験を成功させるためには、赤本は必要不可欠な存在です。何故かと言うと、ここには過去に出題された問題が掲載されているためです。過去問には中学ごとの特徴があり、またそれは受験においては何度も繰り返して出題されることも多いため、それに触れておくことは合格率をアップさせることにもつながると言うわけです。では、その使い方としてはどのような方法が望ましいかと言うと、まずは一通り解いてみることです。そしてその上で、自分が解けなかったり、つまずいてしまった部分をクローズアップする方法です。これによって自分の弱点を明らかにすることができます。正解を導くために必要な知恵が明らかにできた後には、その知恵を使う同じような出題、あるいはひとひねり加えられたような出題を解くことがおすすめです。出題方法はひとつは限りませんし、一見すると別の解き方があるようなものでも、実は同じ方式が必要になるものだった、と言うようなことも多くあります。ですからできるだけ多くの出題に触れておくのが望ましいです。そのためにはぜひ、塾や家庭教師の力を借りるのがおすすめです。それらを利用するのが難しいと言う場合は、特に塾が独自に出版している中学受験用の問題集を利用するのも良いです。こうした本には、赤本をベースとして、独自の変化やアレンジが加えられた出題も多数、掲載されているのできっと役立つはずです。家庭教師に対しては、その出題を解くために必要な情報、また解くために必要な心構えのようなものも教えてもらえるようにお願いしておくと良いです。